建替えたい

快適な家づくり

年中快適で、過ごしやすい家を。

高性能

高断熱・高気密で家のなかの空気と外の空気がしっかりと遮断し、計画的な換気を加えることで住宅の性能をあげます。

高断熱・高気密・換気システム(一種)

快適空間

灼熱の真夏でも真冬の極寒の日でも家の中はいつだって快適な温度を湿度に調整。エアコンに頼らない自然な空気環境を作ります。

エアコンに頼らない家・健康 / 快適

丈夫

住宅の価値を下げる『壁内結露(白蟻発生)』を防ぎ、住宅を丈夫にし、長い年月使い続けられる構造があります。

長年丈夫であり続ける家

 

 

経済的

ランニングコストが少なく、快適な上に非常に燃費のいい住環境を提案します。

光熱費がかからない・低燃費

高耐震

最高等級の耐震等級3に加え、制振ダンパーを効率的に取り入れて「人命を守る」だけでなく「建物の損傷を抑え、安心して住み続けられる」家を目指します。

耐震等級3・制振性能・安心 / 安全

 

 

 

人にも、経済的にも、住宅にもやさしい家づくり

 

真夏や真冬でも快適な温度管理ができる、高気密・高断熱の住宅は犬にも人にも快適な住まいを作ります。
お家で飼っている大切なわんちゃんやねこちゃんがお留守番している時にも安心してお出かけできます。

 

家にかかるコストはローン返済だけでなく、光熱費も月々かかってきます。
住宅が高い性能を持っていれば、季節に関係なく冷暖房をはじめとした光熱費にかかるコストを抑えることができるのです。

  

光熱費0の家はさらに補助金を受けることができるんです
●ゼッチ(ZEH)補助金制度「環境共創イニシアチブ」など

 

夏の暑さ湿気や冬の寒さ乾燥という厳しい環境の中でいかに建物を長く使い続けられるかが重要項目です。
超断熱ボード(フェノバボード)を使用することで、建物の寿命に直結する結露対策に優れた耐久性の高い住宅になります。

●高性能住宅
 ●充填断熱

 

 

 

 

 

 

断熱性の高い住宅は人も健康に!
入浴中の事故は脱衣所、浴室の温度差による血圧の急上昇、急降下が原因のひとつと言われています。
これらの事故「ヒートショック」を防ぐには断熱を強化することで脱衣所や浴室の温度を暖かく保つことが重要です。

住宅内での死亡者数(人 / 10万人)

●発症率(人 / 1,000人・年)

 

 

 それらを叶えるのが・・・ 

高性能住宅

 

1)耐震+制振性能

テックワンを用いた「金具接合工法」は、従来工法に比べて、仕口を作る際の木材の欠損が少なく耐震に優れた構造です。

使用する金物は、木材の中に納めやすく、扱いが容易であると同時に、流通の際の効率性と経済性を高めています。

 

先ごろから頻発している巨大地震から大切な家族を守ためにできることは何か。それは家に十分な強さを持たせることだけでなく、建物の揺れを抑える「制振」性能を持たせること。揺れを抑え。建物の損傷を軽減させ、安全を確保すること。このような想いから家族も建物も守る制振装置

 

耐震:地震の揺れに耐える

制振:揺れを吸収し損傷を軽減する

長期優良住宅に求められる性能表示制度の
「耐震等級2」または「耐震等級3」を取得いたします。

 


2)断熱+気密性能

高い断熱性能

フェノバボードは微細な気泡に高断熱ガスを密閉することで高い断熱性能を実現しています。

薄くても十分な断熱性能を持っているため、厚みの制限がある部位でも余裕を持った納まりができます。

優れた施工性

外張断熱で使用する場合、短いビスで施工ができたり、窓枠など周辺部材も小さい寸法のものにできるため、施工性に優れ、その他のコスト低減にもつながります。

 

 冬でも部屋が暖かいのは、高い断熱性能のおかげ。

樹脂フレームとLow-E複層ガラスで国内最高レベルの断熱性能を実現しています。

 

 


3)空気循環性能(空調・換気)

地熱の家  GEO(ジオ)パワーシステム

地中熱を利用して、自然の力を利用し空調を行う24時間換気システムです。
建物全体の温度をゆるやかに調整し冷暖房の空調負荷を軽減します。

 


4)創エネルギー性能(太陽光発電)

太陽光発電

電力会社からの給電に頼らずに自家発電ができる太陽光発電システム

停電時にも自宅へ電力供給できるので非常用電源としても活用できます。

 


5)設計提案

高い性能を最大化するための提案

●生活スタイルに合わせた間取り提案

●耐震等級、耐風等級計算

●U値計算、一次エネルギー消費量計算

●換気計画、換気量計算

●空調計画、エアコン容量計算

●長期優良住宅又はフラット35認可取得

●BELS認可取得

●気密測定

 

 

高性能住宅を建てたお客様の声

以前の家は古かったこともあり、夏はとても暑く、冬は凍えるように寒かったため、毎月の光熱費が結構な負担になっていました。

そのため、建て替えでは快適に過ごせる家にしたいと強く要望しました。

大伸開発さんでは、フェノバボード(断熱ボード)という一般的なものより機能性が高いものを二重にして機密性を高め、ジオパワーシステム(地中熱を利用した換気システム)を取り入れるご提案をいただきました。結果、リビングは吹き抜けで開放感ある空間ですが、エアコンに頼らなくても温度が一定で過ごしやすい毎日を送っています。

真夏は昼間のうちに冷房を入れて室内温度を下げておけば、夜はエアコンなしでも快適な空気が家の中を循環します。光熱費があまりかからず、真夏や真冬といった季節を問わず住み心地も快適です。

ページトップへ