創業者の信念


 

「お客様中心主義」を受け継いで

昭和59年(1984)に、高槻市で産声をあげた大伸住宅株式会社。

その2年後、大伸住宅の建築部門として大伸開発株式会社は創業しました。

 創業者の皇甫安男が信条として掲げたのが「お客様中心主義」。

口で言うのはたやすいが実戦は難しいこの方針を、

自身にも、社員にも徹底し、大伸の名を少しずつ地域に浸透させてきました。

 決して急がず、コツコツと信頼を積み重ねると言う姿勢は、

リピーターのお客様やご紹介のお客様が、年々増えていくという結果を生み、

おかげさまで、現在の厳しい建築業界の中にあって、

新しいことにも挑戦できる体力を会社につけてくれています。

 

ページトップへ