地熱&太陽光の家

地中熱を利用して、冬寒すぎず、夏暑すぎない室内環境を保ち、さらに太陽光を使って暮らしに使う電気を生み出す。自然と共生するくらしを実現する「地熱&太陽光の家づくり」に、大伸開発では取り組んでいます。

まずはどのような家なのか、実物をご覧いただきましょう。


高槻市 Y様邸 〜完成した新居にお邪魔しました!〜

地面から約5~7.5mの深さまで地中熱パイプを埋め込み、地中熱を利用して、なるべく冷暖房に頼らずに家の中の温熱環境・空気環境を快適に保ちます。

 

 システムの仕組み 

夏は小屋裏の熱い空気を排出し、一方で温度の低い地中熱や夜間の冷気を床下に蓄熱して、家の中を自動的に循環・換気をしながら日中の温度の上昇を抑えます。

冬は温度の高い地中熱や太陽熱、生活発生熱を蓄熱し自動的に家の中を換気・循環させて、夜間の冷え込みを防ぎます。


 

新婚旅行で訪れた思い出の地、ギリシャのロードス島をイメージした白い洋室と、
奥様が大好きな京町家の雰囲気に設えた和室が、廊下を介して違和感なく融合したデザイン。