子供部屋はフレキシブルに

インテリア講座 子供部屋はフレキシブルに

インテリアを学ぶ最初の場所、子供部屋

子供部屋をどういう空間にするのかは、ご両親の教育方針によって様々。インテリアも幼い間は親の意見が反映され、子供はその影響を受けて成長します。やがて自我が芽生え、趣味や好みが確立してくると、子供部屋の使い方は変わってきます。

子供にとって子供部屋はインテリアを学ぶ最初の場所。一緒に家具を選んだり、配置したりすることで、センスが育っていくはずです。また、将来子供が独立した後は、子供部屋としての役割を終え新たな目的に使う可能性もあることを、頭の片隅に少し置いておきましょう。

子供の感性を養う大切な場所、子供部屋

可動型のものが大活躍

2人以上のお子様がいらっしゃるご家庭では、狭い部屋でもいいから、最初から各自に個室を作るのか、小さい間は共有で、大きくなったら個室にしようかなど悩まれるところですね。そんな時には可動収納が便利です。

天井までの高さにピッタリの収納であれば、壁面としての役割を果たしてくれます。お子様のいない期間や独立された後には、収納の配置を変えることによって様々な使い方ができおすすめです。

主寝室などではそれほど大きな変化は度々訪れませんが、子供部屋は大きな変化をし、必要な物も成長とともに変わっていきます。持ち物も増えていくので、机などの家具は造り付けのものよりも、後から移動できるものの方が便利です。

新生児~幼児期 育児中心の時期は壁面に配置し、大きな収納のあるワンルームとして使います。

児童期 子どもの成長に応じて、ワンルームを区切り、少し独立性をもたせます。

青年期 子どもがさらに成長すれば、ワンルームを完全な2室に間仕切り、プライバシーを尊重します。

間仕切りとしても使える便利な可動型収納

変化に強い定番型

幼児期のお部屋は遊ぶためだけに使うことが多いので、家具などを極力置かず、できるだけ広々とした空間をつくってあげてください。おもちゃ箱も含め、家具などはケガをしないよう角の尖ったものやガラス製のものは避け、角の丸いものや、やわらかい素材のものがおすすめです。

小学校入学時期になってくると、学習机やベッドなどが必要になってきます。その時に必要な部屋の大きさは、個室の場合で4.5帖+クロゼットがあれば配置できます。

学習机を買う時は、大人と同様にシンプルな定番型が一番です。最近はめっきり見なくなりましたが、キャラものの机。少し大きくなっただけで「恥ずかしい」とか言ったりしませんでしたか?近頃はカラーバリエーションが増えたりしていますが、ここでカラー物を選ぶと、大きくなった時に子供自身が作っていく部屋と合わなくなる可能性があるので、注意が必要です。

椅子は成長と共に高さが変えられるもので、しっかりしたものを選びましょう。安くても良いものはありますが、座ると姿勢が悪くなったり、長時間座ると疲れたりといったものは絶対に避けたいところです。

幼児期はできるだけ広々と遊べる空間を作ってあげましょう 学習机はシンプルな定番型が一番

思春期までを視野に入れて

思春期を迎える頃には子供自身の手によって、レイアウトや壁の飾り方など模様替えをし始め、インテリアの実践期に入っていきます。パソコンやオーディオ機器など、コンセントを必要とする持ち物も増えていきます。模様替えをしたら、コンセントが隠れて使えない、コンセントが届かないなどということがないように、後から増やすといった大がかりなことにならないように、建築時点でも少し費用はかかりますがコンセントを追加しておく方が良いと思います。

各種お問い合わせはこちらから

Copyright (c) DAISHIN Co.,Ltd.ALL Rights Reserved.| Produced by ホームページ制作会社 ゴデスクリエイト