理想の家を建てるには?|住宅会社のここを見て!

住宅会社のここを見て!

理想の家を建てるには?

どのくらい実績がありますか?

せっかく注文住宅を建てるのだから、思い通りの家を建てたいと願うのは当然のことです。でも、思い通りってどんな家?と改まって聞かれると、答えに詰まる人が案外多いのでは?そうなんです。“何となくイメージはあっても、具体的に自分の理想の家を説明できる一般人は少ない”のです。

そこで重要になるのが住宅会社の役割。「リビングは広く」「吹き抜けが欲しい」「家事室があったらいいな」といったバラバラの要望をきちんとヒアリングし、できる限りそれを叶えつつ、全体にバランスのとれた統一感のあるプランにまとめあげることこそ、プロの仕事、住宅会社にとって一番の腕の見せ所です。

ところが、そこを一番の腕の見せ所と思わずに、面倒だと思ってしまう会社も残念ながら存在します。そういう会社に当たってしまったら、「それは構造上無理」「この予算では無理」とダメ出しの嵐になってしまい、せっかくの家づくりが苦行になってしまうことも!?。そのあたりを見分けるめやすとして、ぜひ注目していただきたいのが、その会社の施工実績です。

施工実績の豊富な会社は

軸足をどちらに置いていますか?

これはと思う住宅会社を見つけたら、まずはどの程度の施工実績があるかをチェック。「これまでに建てた家を見せてください」と遠慮せずに言いましょう。自信のある会社ほど、喜んで見せてくれるはずです。多くの場数を踏み、様々な家を建ててきた会社であれば、あなたの話を理解する力や、アイデアの引き出しも豊富に持っていることでしょう。

実際の建物を見て、かなり本気でその会社を気に入ったなら、さらに一歩踏み込んで「先に建てた人に話を聞きたい」と頼んでみましょう。それも快くOKしてくれるようなら、その会社は施主との間に、かなりの信頼関係を築けているということになります。

先輩施主さんに会えたら、予算内でどの程度希望を叶えることができたか、そしてコストパフォーマンス的にどれくらい満足しているかを、率直に尋ねてください。その答えによって、その会社の軸足が施主側にあるかどうかが、かなりわかるはずです。

もちろん、住宅会社としても自社を存続させなくてはならないわけですから、施主側の希望をすべて叶えることは不可能です。それでも最初から自分たちの都合を優先するのか、できる限り相手に寄り添おうとしているのかというスタンスの違いによって、できること・できないことの内容に大きな違いが出ます。ぜひしっかりと確認してください。なにしろ、大金を払っての人生の一大事業なのですから。

大伸開発の施工実績はこちら

選ぶなら…

職人の技術力で大きな差が…!

もう一つ、理想の家づくりのために忘れてはならないのが職人の技術力です。大工さんの腕によって、仕上がりに大きな差が出ますので、その会社が良い腕をもった職人を確保しているかどうかは大切なポイントです。確認する方法としては、先ほどの先輩施主さんに尋ねることのほか、現場を見せてもらうということがあります。

現場に行ったら、まずきちんと整理整頓がなされているかどうかをチェックしてみてください。昔から、職人の世界で共通している言葉に、「腕の良い職人の現場はきれい」というものがあります。現場をきちんと片づけておくことで、仕事の効率が良いだけでなく、無用の事故を防ぐことができるからです。

また、難しい仕事や面倒な仕事ほど燃えるというのも職人の性(さが)。細かい仕事をどれくらいきちんとしているかは、素人にはわかりにくいものですが、その住宅会社の営業マンや現場監督に尋ねてみましょう。途端に職人自慢が始まったなら、その会社は技術力に力を入れていると思ってまず間違いないでしょう。

最後にまたまた少しだけPRを(笑)。大伸開発では現場周辺にお住いの方が、大工さんの腕に惚れ込んで声をかけていただくことがしばしばです。大工さんは口下手な人が多くて、自分から宣伝することはできませんが、現場での仕事ぶりがそのまま宣伝になっているのです。有難いことだと思います。これからも職人さんを大切に、その技術力を継承していきたいと思います。よろしければ大伸開発の建てた家や現場も一度、見に来てくださいね!

職人の技術力で大きな差が…!
職人がイキイキしている会社は

Copyright (c) DAISHIN Co.,Ltd.ALL Rights Reserved.| Produced by ホームページ制作会社 ゴデスクリエイト